外国為替証拠金取引について

FXとは、ForeignExchangeの略で、日本語では外国為替証拠金取引と言います。

普通の為替と違って、持っている資金(証拠金)の数倍から数百倍の取引が出来るところがFXの醍醐味です。

円高のときにドルやユーロを買っておくと、円安になると利益が上がります。

例えば、1ドル90円のときにドルを買っておくと、それが円安になって、1ドル100円になると、1ドルにつき10円の儲けになります。その取引の額が大きくなりますから、儲けも大きくなるというわけです。


得する?損する?FX


don初心者がFXを始めようとするとき、いくら本を読んで学習したとしても実際の経験に勝るものはありません。とはいえ、口座を開設し、実際に少額の資産で初めて見るのも一つの手ではありますが、利益が大きくなるのと同様に、損失も膨らんでしまうのがFXの特徴です。手探りでやっていく中で思わぬ怪我をして立ち直れなくなってしまうことも…。

そこで、オススメしたいのが「デモトレード」です。言うなれば、本番と同じ環境を使ったシミュレーションで、基本的に資金は一切必要ありません。ネットを使って取引ができる証券会社であれば、たいていのところではこのデモトレードを体験することができます。利用者は100万円から1000万円の仮想の資金を提供され、それを利用した詳しく解説をどうぞ。

デモトレードの特徴としては、ほとんど実際の取引と同じ環境でトレードできるという点です。例えば、相場はもちろんリアルタイムですし、本来は実際の契約者でなければ使うことの出来ないトレードシステムも自由に使うことが出来ます。実はこの本番と同様のシステムを使うことができるというのは非常に重要なポイントです。というのは、各社の提供しているトレードシステムの完成度や使い勝手にはかなりの差があり、中には非常にクセのある操作を要求されるものも存在します。これが実際のトレードでの勝率にも直結してきますので、デモトレードの段階である程度トレードシステムの癖を把握し、証券会社選択の基準にするのが良いでしょう。また、最近では、Meta Traderのデモも用意している所もあるので是非利用したいものですね。


兼業は、2つ以上の仕事を行っている状況です。

普通に仕事をしている人は、1つの仕事だけで対応していることも多いのですが、お金を稼がなければならない場合は兼業として仕事をすることもあります。これによって1つの仕事だけでお金を稼ぐのではなく、2つ以上の収入源を持って生活することが出来ます。特に兼業トレーダーのように、2つ以上の仕事を兼任して、駄目だったとしても他の収入源から借金を作らないようにする取り組みができるのです。

これは副業とは全く違うことであり、主としている収入源が2つ以上あり、仕事として行っていると判断できるなら兼業となります。逆に収入を持っていたとしても、仕事にならないことであれば兼業として判断されることはなく、それは副業として仕事をしている形となります。兼業と認められるのは、収入を持っていてしかも申告できるくらいの金額になっていることです。申告しない程度の収入であれば、副業として何かをしていると判断してもいいので、兼業扱いにはなりません。

一方副業というのは、兼業に近いことを行っていますが、その範囲が狭いことを指します。兼業で仕事をしているよりも、1つの収入源がかなり大きくて、それを補助するために副業の収入を手に入れているような、そうした状況になっています。副業は手軽にできるものも多いので、そんなに気にして考えることはありませんが、副業収入が多くなってくると、申告するレベルにまで発展することがあります。あまり多く稼ぐと返って大変なこともあるので注意してください。

兼業して行うのが望ましいのか、それとも副業形式を行ったほうが良いのか、これをよく考えて選ぶことも大事です。兼業は適当に行っていくことはかなり難しいので、両方の仕事をしっかりと行い、その上で収入を得るような状況を作ります。副業の場合、簡単なものから始めても全く問題はありませんし、むしろ単純な方法で収入を得ることができるのなら、それを続けていれば結構良い収入も期待できます。

ネット上でできることで、兼業にできることはトレーダーのようなものです。逆に副業にできるものはお小遣いサイトで稼ぐなどの方法で、ちょっとだけお金を得たいと思っている時に利用します。この違いを理解しつつ、どれくらいの収入を得たいかも含めて考えるようにしてください。兼業は相当な収入をもたらしたい時に、副業は小さな収入でも満足できるような状況だと思っていればいいです。